BALMUDA Phoneだけの基本アプリ

ひと昔前。私たちは、さまざまな道具に囲まれて過ごしていました。カメラやスケジュール帳。
お財布や時計、計算機や地図帳などなど。これらがスマートフォンというコンパクトなハードウェアに
詰め込まれていることこそが、人類をあげてのヘビーユーズの一番の理由なのだと思います。

それはつまり、普段から使う機能こそがスマートフォンの体験の重要な部分を占めるということ。
数々の工夫がなされたバルミューダの基本アプリは、BALMUDA Phone だけに搭載されています。

HOME

最初の画面。
ノールックで。

スマートフォンを開いて最初に現れるホーム画面。ここで大体のことが終わってしまえば、話が早いのです。

BALMUDA Phone のホーム画面は、スワイプやタップといった直感的な操作で、さまざまな機能を呼び出すことができます。例えば、ホーム画面を横切るストライプをなぞるようにスワイプして、大切な人へコールすることも、マップを起動して現在地を確認することも可能です。

よく使う機能—スケジューラ・時計・メモ・電卓は、“Tools”として、ホーム画面から画面スワイプするだけでクイックにアクセス。ホーム画面上部をタップする事でも、この“Tools”にアクセスすることができるので、これらのアプリを開く必要はありません。

慣れてくると、本体を手に取ってからノールックで、必要な機能を使うことができます。

Scheduler

自由自在。
シームレスに
予定を確認。

スマートフォンで1ヶ月のカレンダーを見る時、予定の有無しか分からないことがあります。この不便さは、カレンダーという紀元前のテクノロジーと、現代のテクノロジーとの相性の問題でしょう。横長で大判なカレンダーに対して、スマートフォンの画面は、小さくて縦長なのですから。

現代のテクノロジーで、より良く予定を把握するために生まれたのが、バルミューダのスケジューラ。ピンチ操作で1日から数日、1週間、1ヶ月、1年まで、その表示範囲をシームレスに伸縮することができます。1日表示から週間表示までは、天気や気温も表示されますので、予定を確認する際のご参考に。Googleカレンダーなど、外部スケジュールデータベースに同期します。

Memo

あのメモを。
とっても探しやすい
メモアプリ。

BALMUDA Phone のメモアプリは直感的です。無限のトレイの中でメモの縁に色を付けたり、場所を変えたりすることができるので、メモの位置を視覚的に覚えておくことができます。また、トレイはスケジューラのように自在に伸縮可能。目的のメモを素早く探し出して、内容を確認することができます。

Camera

香りや熱さも写す
料理モード

BALMUDA Phone のカメラアプリの自慢は、料理をとってもおいしそうに写す料理モード。私たちが料理を前にするとき、そのルックスだけではなく、匂いや熱量も同時に感じています。できればそれらも写真に写ればいいのに。と考えていた時に思い出したのがバルミューダの撮影チーム。

かれらは、トーストの香ばしさや、オーブン料理の熱量を写真に収め、数々のシズル写真を残してきました。料理モードは、彼らのノウハウがフルに投入されています。ぜひ、ルックだけではなく、香りや熱さも写してみてください。もちろん、普段から使えるスナップ、夜景、人物用のモードも用意されています。

シーンに応じて選べるカメラモード

人物モード
夜景モード
ムービーモード
Calculator

大人による
大人のための計算機

まことに残念なことに、私たち大人はお金の計算ばかりしています。バルミューダの計算機は、3桁カンマ表示と漢字表示の切り替えが可能。計算履歴も表示できるので、確認も簡単です。また、為替モードをオンにして、通貨を二つ選べば、瞬時に現在のレートでの為替計算ができるようになっています。

Watch

少しずつ、
全部便利な時計アプリ

パスタを作る時のカウントダウン、トレーニングの時のストップウォッチ、そして何より、毎日使う目覚まし時計。バルミューダの時計アプリは、これら全てを少しずつ、見やすく、使いやすく、改良しています。

通常のウォッチモードでは、ダイバーズウォッチからヒントを得た回転ベゼルが用意されているので、手軽に経過時間を把握することが可能。ウォッチアプリの全ての機能は、ホーム画面上でも利用できます。

Standard
App

いつものアプリを、
いつものように。

Google Play ストアで、
いつも使うアプリをダウンロード。
BALMUDA Phone をもっと便利に。

Google Play および Google Play ロゴは
Google LLC の商標です。